FC2ブログ
2018/11/09 15:32
n_616dlr61172ps.jpg

題名:13日の金曜日
視聴日:2018年11月7日(リピート)
総評:MY BEST
ストーリー:☆☆☆☆☆
スリル度:☆☆☆☆☆
ゴア度:☆☆☆
サイコ度:☆☆☆☆☆
不快度:☆☆☆☆☆

<レビュー>
本日は2作品アップします!!

本作は僕らの世代では認識率ほぼ100%
なんじゃないでしょうか。
誰もが知ってるスラッシャー映画の
最高傑作です。
このブログを読む人はおそらく一度は
視ているでしょう。
なので、今回はストーリー紹介は
省いてネタバレ全開で行きたいと思います。

僕が初めて視たのは小学生の頃、
ゴールデン洋画劇場だったかなあ?
ほんとに怖かったです。
僕が一番怖かったのはボーヒーズ婦人
が出てきて安心したら次第に殺人鬼に
変わっていくシーンです。
当時はまだ主要登場人物の下に名前が出る
のが一般的で、物語の終盤になって出てきた
人物に名前が出るのに違和感を覚えました。
そしたらなるほどこいつが犯人だったのか!!
と。「悪魔のいけにえ」の親父登場シーンも
そうでしたが、安心したと思ったら「げえっ!」
となるのが一番怖いです。
そういう意味ではラストのボートシーンも
怖い。あれもやられました。
心やすらかな風景、音楽が流れ、
油断しきった観客の心に躍り込むジェーソン!!
脚本ではあのシーンはなかったのを
(婦人が首を切り落とされるシーンで終わる脚本だった)
トム・サビーニが提案したらしいです。
さすがトム!!

そして一番好きな殺人シーンはやっぱり
ケビン・ベーコンの下からぐっさりシーン、
あとは、死体が放り込まれるシーンとか、
木の枝からぶら下がってくるシーンが
好きだなあ。畳みかける演出が最高でした。

本作は殺人鬼が出てるシーン以外は
BGMがほとんどないんですね。
映像特典のインタビューで音楽担当
が言ってました。

ボーヒーズ婦人を演じたベッツィ・パーマー
はホラー映画と聞いて一度は断ったものの、
(脚本を読んでも「くそね」と言ってました)
どうせ売れない映画だからみんな忘れるわね。
と思って出演を承諾したそうです。

脚本家のヴィクター・ミラーは
「ハロウィン」の成功を観て
冒頭に殺人シーンをぶちこむとか、10代の
若者が大人の手の届かないところで
襲われるとか、そういったパターンを
学んだそうです。


などと映像特典からの知識ですが
一応書いておきます。
映像特典は結構充実していて、
必見ですよ!!(BDについてました。)

本レビューをここまで読んだ方、
よろしければ再度視直してみてください。
なにか新しい発見があるかも!?
今回改めて視て、やはり最高傑作だなと
痛感しました。


スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://kyaukyaucom.blog70.fc2.com/tb.php/1811-752ffebc

プロフィール

きゃうきゃうこむ

Author:きゃうきゃうこむ
お願いだから、これ以上人を殺す前に、ぼくを捕まえて。ぼくは自分をコントロールできないんだ(For heavens/sake catch me/Before I kill more/I cannot control myself)

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR