FC2ブログ
2012/01/31 21:52
n_718ffedr00529rps.jpg


題名:BOOK OF THE DEAD 2
視聴日:2012年1月29日(初見)
総評:☆☆☆
ストーリー:☆☆
スリル度:☆☆☆
ゴア度:☆☆☆☆☆
サイコ度:☆☆☆
不快度:☆☆☆

<レビュー>

さて、ジョージ・A・ロメロ大先生
製作総指揮のオムニバスホラー第二弾です。
前作よりもグロ&エロがパワーアップっ!!
特に第一話は凄まじいですなあ。
若干特殊メイクの安っぽさも否めませんが。

第一話「渓谷」
結婚を控えたカップルゲイリーとドナは、
友人(男)と3人でケイビング(洞窟探検)を楽しんでいた。
しかし、落盤事故に会い、彼ら3人は洞窟内に
閉じ込められてしまう。
救援を待ちながら空しく日数が経過する中、事故の際、足に大怪我を負った・・・は
壊疽を起こしながら衰弱していく。持っていた食料
も洞窟内の小動物も食べ尽くした・・・と友人は、空腹のあまり
遂に人類の究極のタブーを犯してしまう。」

洞窟で閉じ込められる→弱った奴が食料になって
他の人が生き残る。と言う設定は以前、
当ブログで紹介した「・・・」も使ってますね。
このケイビング(洞窟探検)と言うスポーツはあまり
日本では馴染みないですが、欧米では一般的なスポーツ
なのでしょうかね?、
登山をする人間にとって遭難が他人事で無いように、
ケイビングをやる人にとっては洞窟に閉じ込められて
カニバリズムを犯すというのも案外身近な恐怖なのかもしれません。
しかし、洞窟に閉じ込められているシーンは
突っ込みところ満載です。数十日間閉じ込められているのに
灯りをともすローソクはしっかり足りてるし(どんだけ
持ってたちゅうねん)、体の汚れや髪の乱れ等も
遭難初日とあまり変わりません。
そして腰砕けなのはラスト。なんじゃそりゃ、
と思ってしまいました。。
しかし、食人シーン等、グロ度は凄いです。
おえっ。

第二話
「厳格な大学教授のリチャードは、何があろうと彼の授業の
欠席を許さず、生徒に「私の授業を休むな」と常々
言っていた。そんな彼も教え子のアリソンと不倫を
していたが、アリソンから妊娠を打ち明けられた途端、
冷たい態度を取ってあしらってしまう。
ショックを受けたアリソンはある日、
リチャードの授業中に拳銃自殺をする。
しかし、アリソンは死んでも亡霊となって
授業に現れるようになり、リチャードは 次第に追い詰められていく。」

この教授、厳格なのに不倫はしてしまうという
とんでもない奴です。他人には規則を守るように
強制するくせに、自分は守らなくてもよいという
自己中心的な人なんでしょうなあ。
こんなトンデモ教授にふさわしいラスト。
ま、亡霊の造型はまあまあですよ。

第三話「塵」
「研究所の警備員は、研究者から
『火星の塵』がガンの治療に効果がある事を
聞く。彼の妻はガンで余命4ヵ月だった。
研究者からある条件と引き換えに塵を手に入れ、
妻に投与してみると妻は若返って元気になり、しかも
やたらセックスをせがむ超淫乱な女性になっていた。
しかし数日で効果は薄れ、彼はは再び塵を入手しようと
するが・・・」

いや~この話はエロい。AV並みとは言いませんが
中学生なら使えるレベルです(何に?)
若返った奥さんの淫乱レベルはそりゃあもう
豊丸並です。(アラフォー以上しかわかりませんな)
しかし、その結末はやはりホラー。人間とは悲しい存在です。

3作品、正直あまり怖くないですが怒りを覚えない程度に
楽しめました。1が最悪と思った人も2はある程度いけるのでは
ないでしょうか。


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 ランキングはこちらをクリック! 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】




スポンサーサイト

プロフィール

きゃうきゃうこむ

Author:きゃうきゃうこむ
お願いだから、これ以上人を殺す前に、ぼくを捕まえて。ぼくは自分をコントロールできないんだ(For heavens/sake catch me/Before I kill more/I cannot control myself)

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR