FC2ブログ
2019/02/18 20:47
n_728amad196rps.jpg


題名:シタデル CITADEL
視聴日:2019年2月17日(初見)
総評:☆☆☆
ストーリー:☆☆☆
スリル度:☆☆
ゴア度:☆
サイコ度:☆☆☆
不快度:☆☆

<レビュー>

本作、一応☆3つですが、イマイチでしたね・・・・
駄作と言う程ではないですが面白く無し。

「トミーは謎の集団に妻を殺され、自身も
精神的な病気に陥る。しかし、謎の集団は
妻の遺した赤子も狙ってきた。トミーは
さらわれた赤ん坊を奪い返しに行くが・・・・」

ぶっちゃけ、作品のメインとなる敵陣への
乗り込み、そして赤ん坊を奪取するシーンが
迫力不足。謎の集団の正体ももっと
ぶっ飛んでいて欲しかった。

サスペンスかと思いましたが、
ツタヤの棚ではホラーに分類。
なぜか思ったら作品視たらわかりました。
謎の集団がミュータントみたいな、
人間じゃないっす。まあ正体もよく
わかりませんが。

ネットでの評価は悪くないようなので
視てもいいのでは?
僕の肌には合いませんでしたが。



スポンサーサイト
2019/02/16 16:46
320 (10)


題名:ダウンレンジ
視聴日:2019年2月15日(初見)
総評:☆☆☆
ストーリー:☆☆☆
スリル度:☆☆
ゴア度:☆☆☆☆
サイコ度:☆☆☆
不快度:☆☆☆☆

<レビュー>
本日は2作品アップします!!

「VERSUS -ヴァーサス-」「NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ」
の北村龍平監督最新作!!

「男女6人の大学生は楽しいドライブ
をしていたが、道中、突然車がパンク
する。降りてタイヤを交換していると
何者かが彼らを狙撃してきた!!」

突然、正体のわからない何者かに
狙撃さfれる恐怖を描いた映画です。
この作品の魅力はなんと言っても
グロシーン!! 遠慮なくグロが出てます。
その為、R-15となっています。
アメリカでは荒野で狙撃されたらほとんど
車通らないから、やられ放題ですよね~。
日本ではすぐ車来ちゃうから通報されて
終わりですが。

強烈なバッドエンドです。
なぜかDVD化されておらず、僕はWOWOW
で視ましたがそれ以外ではアマゾンで配信
されているようです。(2019年2月16日現在の情報)





2019/02/15 19:56
n_607pibr1473ps.jpg


題名:ジェイソンX
視聴日:2019年2月14日(初見)
総評:☆☆☆
ストーリー:☆☆☆
スリル度:☆☆
ゴア度:☆☆
サイコ度:☆☆
不快度:☆☆

<レビュー>


「13日の金曜日」シリーズ第10弾です。
今回もSFホラー!! 舞台はなんと
450年後の宇宙です!!

「ジェイソンは捕らわれ、何度も処刑を
受けるが死なず、研究材料として
移送される寸前、拘束を解き大量殺人を
行う。ローワンが冷凍室に閉じ込め
冷凍に成功するが、自らも冷凍されて
しまう。そして450年後、考古学者に
発見され彼らは蘇生するが・・・・・・」

なんか屑映画だなとの予想を裏切り
意外に面白い!!宇宙船のセットも結構
金かかってそうだし、人も沢山死にます。
かなり格好いいのはジェイソンは一度
死んで再び甦るのですが、新生ジェイソンの
格好良さ半端ない!!
もはや全くスラッシャーとは別物の作品と
なっていますが、これはこれでOKです。
ニューラインシネマになって正解ですね。


2019/02/14 20:20
n_1035idm473rps.jpg


題名:マッド・アイ 悪魔のホスピタル
視聴日:2019年2月12日(初見)
総評:☆☆☆
ストーリー:☆☆
スリル度:☆☆
ゴア度:☆☆☆
サイコ度:☆☆

不快度:☆☆

<レビュー>

例によってこの作品もシービー配給ですが、
この作品は拾いモノです。
単調なストーリー、ドキハラしない演出・・・
とこう書くと駄作ですが、グロ描写が凄い!!
1984年の作品なので当時のスプラッターブーム
に乗っかった作品ではありますが、
脳天ドリル開け、ほっぺた切り裂き、足指切断等、
隠す事なく良く魅せています。
これはなかなかですね。
もちろんリアリティは現在の技術と比較すると
かなりちゃちいですが。

「幸せにドライブしていたカップルが事故に会い、
二人とも事故死・・・と思われたが、実は男は
生きていた!! 10年後、女の娘キキが事故現場を
訪れ、近くの廃墟に立ち寄るが・・・・・」

怖くは無い作品ですが、グロシーンだけは
評価してよいと思います。
期待しすぎは禁物ですが80年代スプラッター
が好きな人は是非にとお勧め。、





2019/02/12 20:14
n_653kibr640rps.jpg


題名:13日の金曜日 ジェイソンの命日
視聴日:2019年2月11日(初見)
総評:☆☆☆
ストーリー:☆☆☆
スリル度:☆☆
ゴア度:☆☆
サイコ度:☆☆
不快度:☆☆

<レビュー>


「13日の金曜日」シリーズ第9弾です。
今回から制作会社が「エルム街」の
ニューラインシネマに変わりました。
内容はとてつもなく変更、スラッシャーから
SFホラーになりました。

「新たに復活したジェイソン。しかし、
特殊部隊の罠にかかり全身粉々と
なってしまう。だが、彼の心臓は生きていた!!
彼は他人の体に乗り移り完全体となるべく
腹違いの妹を狙う。」

ジェイソンは次々と他人の体に乗り移るのですが、
これだけでは一時的な復活で、完全復活となるには
血を分けた妹の肉体にのりうつらなければならない
のです。だから妹を襲う!! と言う設定はもはや
SFホラー スラッシャーが好きだった前回までの
ファンは落胆しているのでは!? と思ったのですが、
ネットでの評価は意外と悪くありませんでした。

いくら銃撃されても死なずにずかずか歩いていく
シーンは名作「ヒドゥン」を思い起こさせます。
シリーズ最高のグロさでしたが、まあどって事無し。

NYへ行った前回とは全く話がつながってません。
クリスタルレイクに戻ってます。

次作は「フレディVSジェイソン」かと思ったら
違いました。「ジェイソンX」です。






プロフィール

きゃうきゃうこむ

Author:きゃうきゃうこむ
お願いだから、これ以上人を殺す前に、ぼくを捕まえて。ぼくは自分をコントロールできないんだ(For heavens/sake catch me/Before I kill more/I cannot control myself)

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR